アクセスカウンタ

ナイーヴな数学者のブログ

プロフィール

ブログ名
ナイーヴな数学者のブログ
ブログ紹介
無知を棚に上げたうえで,図々しくも一見高級な議論を試みたい.ナイーヴ(プロフィール参照)というゆえんである.

実は,本来の(しかも,本当は秘めておくべき)目標は,何と,「日本文明の秘密を多少とも解き明かそう」ということである.その第一歩は,これまでのささやかな人生での体験上,われわれの時空認識の構造について検証可能な形での明確な記述を得ることではないかと思ってはいる.鍵となることは,「日本文明」を相対化する原理として機能する本質的な観点の抽出である.

しかし,まず,時空把握の理解の方法からして十分な知識も訓練もない.どうやら自己と他者や外界との関係の認知の仕方が関係していると思うのだが,ここで,抽象的なことを言ってもしょうがない.

とまれ,物真似の基礎として,他人の著作を種にした雑論を始めていきたい.できるだけ,基本的,根本的,あるいは原理的と感じられる部分を探り,それらをめぐって素直に考えを進めていくことができれば,概念規定や語彙が多少甘くても,少しは意味のある議論を重ねられると思う.また,そうなることを期待もしている. 

註: 基本的なテキストは
       William M. Ivins, Jr.: Art & Geometry
       (Dover 1964. Harvard Univ. Press 1946)
である.

なお,当ブログは,ひっそりと運営されていることもあって,コメントは(記事への注釈や補充という自己コメントを別にして)稀にいただくだけではある.

受け入れるコメントに対する政策を述べておきたい:

0)折り目正しい言葉遣いで書かれていること
1)記事における不正確あるいは不足な部分の解消(の糸口)になることが期待されること(したがって,論拠や出典が明らかにされていることが望ましい)
2)適切な長さであること
3)ただし,わたくしの判断で1)2)を例外的に緩めることはありうる

また,専門的なご見識についてはブログとは別途にわたくしの蒙を啓くべくご連絡いただけると大変ありがたいと考えています.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
260.実は、もう一箇月以上になるが、5月の10日に京都に行き、知人に大変豪華な歓待を受けた
実は、もう一箇月以上になるが、5月の10日に京都に行き、知人に大変豪華な歓待を受けた。帰途、宿泊先のホテルに向かう横断歩道の信号待ちのとき、すぐ近く、駅構内に、本屋があるのに気づき立ち寄って、目についた文庫本を何冊か求めた。一冊が、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 14:46
259.暇になったらブログ更新が頻繁になる(できる)かと思ったら、そうもいかない。生活が不規則になっ
'暇になったらブログ更新が頻繁になる(できる)かと思ったら、そうも行かない。生活が不規則になっただけで、つい二箇月前まで、よくまあ毎朝5時に起きて、薬院駅6時39分の急行に乗って、…という生活ができたものだと、遠い昔の夢のようである。まあ、もう少しで、退任後75日、すべては忘却の淵に沈むはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/06 11:49
258.4月最後の週末(土曜日)、認知症の発症というべきか、学園祭の第一目と思い込み、
4月最後の週末(土曜日)、認知症の発症というべきか、学園祭の第一目と思い込み、生徒との約束を果たすべく、前勤務校に行ってみたところ、実は、翌日であった。いずれにせよ、若い人との約束だけは絶対に履行すべきものと考えているから、明日出直さなければならない。もともと、学園祭の方は早めに切り上げて、久留米市美術館で開催中の「川端康成 美と文学の森」を観に行くつもりだったから、全くの無駄足と言うわけではなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 13:20
257.先日の雨模様の日、夕方には雨が上がるというので、最低限の買い物のつもりで
先日の雨模様の日、夕方には雨が上がるというので、最低限の買い物のつもりで自転車で天神に出た。ところが買い物を済ませて外に出ると、細かい雨が降っていた。傘は持っていたが、自転車でもあるし、コーヒーでも飲みながら雨宿りをしたいと考えるのは自然だろう。実は、数日前から ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 15:38
256.禄を離れ、浪人となって1週間経った。前回浪人暮らしを始めたのは11年前だったが、あの時はま
禄を離れ、浪人となって1週間経った。前回浪人暮らしを始めたのは11年前だったが、あの時はまだ「若かった」。前回の記事でも触れたが、早起きの強迫観念はなくなったが、その際の期待と違って、遅くまで起きていることが増えて、睡眠時間の確保が改善されたと言えるかどうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 22:47
255.18日の行事で、勤務先での仕事は基本的に終わった。まだ、月末まで通わなければならないのだが、
18日の行事で、勤務先での仕事は基本的に終わった。まだ、月末まで通わなければならないのだが、8時までに着いていなければならないということはなくなったので、「早起き」をしなくてもよくなった。長年の習慣で、ほぼ決まった時間に目が覚めるとは言え、多少の誤差はある。家を出る時間は、バスの時刻を元に決まるのだが、その選択は、西鉄久留米駅到着が7時半前の急行か特急に間に合うことが条件となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 23:56
254.現在の勤務先の高校卒業式は3月1日だが、なかなか、式辞がまとまらなかった。ついに2月28日に
現在の勤務先の高校卒業式は3月1日だが、なかなか、式辞がまとまらなかった。ついに2月28日になってしまった。ややインチキなブログ記事をアップする次第。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 15:36
253.勤務先での(わたくしにとって)最後の入試業務が終わり、これからの大事は卒業式の式辞類を用意す
勤務先での(わたくしにとって)最後の入試業務が終わり、これからの大事は卒業式の式辞類を用意することだけに、まあ、なった。あと一箇月余りの猶予があるとは言え、今年のは、難題を抱えている。最後だからというのではない。トランプ大統領の言動を取り込むべきかどうか、取り込むときはどう取り込むべきか、その判断が絶望的に難しいのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 11:21
252.年末年始の休み中に、ネットなどで評判がよかった
年末年始の休み中に、ネットなどで評判がよかった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 12:43
251.さて、248回記事で挙げた鈴木孝夫先生の著書
さて、248回記事で挙げた鈴木孝夫先生の著書 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 23:42
250. 241回記事に、付記の形で触れた里見清一氏の新書2冊
241回記事に、付記の形で触れた里見清一氏の新書2冊 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 16:12
249.前回、稲垣先生や鈴木先生の本を改めて論じたいと言いながら、なかなか進まないまま、新聞広告で気
前回、稲垣先生や鈴木先生の本を改めて論じたいと言いながら、なかなか進まないまま、新聞広告で気づいた ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 13:30
248.現在の職務の在任期間は半年を切った。引継ぎやら何やらを兼ねて在任中の整理を始めたら
現在の職務の在任期間は半年を切った。引継ぎやら何やらを兼ねて在任中の整理を始めたら、結構、時間を食ってしまい、ルーティンで果たしてきたことのいくつかも手抜きに近い状況にある。その上に、非ルーティン的なことで職務上の判断が要求されることがいくつか起きてしまうと、後任者に影響が及ばないように、あるいは、後任者にも関わりが生じそうなことであれば、後任者が混乱しないように、わたくしとしては努めておかなければならないことになる。実際には、そうそう選択肢のあることでもないのだから、後任者が淡々として、そんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/25 14:08
247.所詮、人間は党派性を払拭できないものとは知りながら、それを超えた衝撃を受けるということはあり
所詮、人間は党派性を払拭できないものとは知りながら、それを超えた衝撃を受けるということはありうる ― もちろん、事実が、しかも、正しく、眼前にあるとしてだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 21:52
246.前回の延長上で、ふと思い出して、 稲垣良典:トマス・アクィナス『神学大全』 講談社選書メチエ
前回の延長上で、ふと思い出して、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 22:28
245.天神ジュンク堂で
天神ジュンク堂で ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 16:24
244.最近、目にした書物のうち、 吉永正彦:周期と実数の0‐認識問題 Kontsevich-Za
最近、目にした書物のうち、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 09:41
243.先日の日経書評欄で皆川博子さんの著書が紹介されていた。皆川さんでなければ書けないというような
先日の日経書評欄で皆川博子さんの著書が紹介されていた。皆川さんでなければ書けないというような趣旨でもあったので、さて、不勉強なわたくしは、ネット検索で、皆川さんを調べ、幻想文学者であり、しかも、ものすごく偉い人らしいと分かった。「文化功労者」なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 22:17
242.前回記事で触れた担当分の医学科授業の後で、病院の喫茶室で、世話人の解剖学教授とランチかたがた
前回記事で触れた担当分の医学科授業の後で、病院の喫茶室で、世話人の解剖学教授とランチかたがた雑談を交わした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/18 18:17
241.一月ほど前、SIAM News の古い号を整理しているときに、WANTED と掲げて、西部劇
一月ほど前、SIAM News の古い号を整理しているときに、WANTED と掲げて、西部劇の懸賞金付き手配書の体裁の、絶版となった数学文献の復刻版広告のチラシに気づいた。脇に、逮捕済みというか、最近のリプリントの文献名がいくつか印刷されており、その中に、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/11 17:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

ナイーヴな数学者のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる